外壁塗装をケチると起こる恐ろしいこととは?

外壁塗装は外壁を保護するために行うものです。大体10年毎に塗り替えるのが良いとされますが、それは塗装による保護力が低下して、外壁や躯体が劣化してしまうのを避けるためです。

ですから、塗替えを先送りしてしまうと場合のよっては思いもよらなかったような事態になることも無きにしもあらずです。実際、外壁塗装費用をケチって先送りするとどういうことが起こるのか、例を上げてみたいと思います。

塗装にヒビが入って、補修しないまま放置すると、じわじわとヒビが大きくなります。大きくなった亀裂から、外壁の内部に水が浸入するようになり、防水シートにまで達します。防水シートまで達した水はそこで堰き止められますが、防水シートにできることは、家の中に水が侵入しないようにブロックすることだけです。壁の内側まで侵入した水分はそこでブロックはされますが、壁の中で滞留します。

水分が木材やコンクリの内部に溜まったらどんどん劣化が進みます。木材、鉄骨、コンクリが劣化し、いずれは外壁としての機能を失ってしまうことなります。これでもすでに大問題ですが、これも放置すると今度は家の土台や基礎までが劣化を始めます。そうなると住宅の安全性が保てず、いずれは居住することすらできなくなってしまいます。

そこまで行けば、もう住宅を建て替えするしかなくなってしまいます。そこまで行かなかったとしても、外壁そのものの補修やシロアリ被害への対処、基礎補修など面倒で多額の費用が掛かる工事をしなければならなくなります。

住宅はメンテナンス次第で長持ちもすれば、早々に劣化もします。人間も日頃からメンテナンスをしなければ、シミだらけでシワだらけの肌になってしまうでしょう。住宅だって同じです。

長持ちさせたければ、維持にしっかりと力を入れるようにしましょう。

 

外壁塗装をしないでいるとどうなる?

はじめまして、広島市から外壁塗装に関する情報を発信するメディア、広島市外壁塗装情報局です。

外壁塗装はなかなか日常的に馴染みがなく、一般に十分な知識を持っている人は少ないジャンルです。しかし、一戸建て住宅にお住まいだったり、あるいは木造アパートを保有・運営されていたりすると、人生において幾度となく対面することになるものです。

平均的には10年に一度は外壁の塗替えを行ったほうが良いと言われていますので、3-4回は塗装をどうするか?という悩みに頭を使わなければならなくなる可能性があります。馴染みはないけど、必ず直面しなければならず、無視もできないというのが外壁塗装の特徴と言っても良いかもしれません。

そもそも外壁の塗装はなぜやならければならないのでしょうか?誰だってやらなくても良いものなら、高額な費用を負担してやろうとは思いませんよね。もし塗装の塗替えをしなかったら一体何が起こるのでしょうか?

塗装には住宅の美観の向上と外壁の保護機能の2つの大きな役割があります。美観はある程度我慢はできるかもしれませんが、外壁の保護機能の低下は住宅の外壁や躯体の劣化を早めるため、放っておけません。

外壁が家の中と外をしっかり分断してくれるから、快適な生活を送ることができます。外壁に穴が空いてしまったり、劣化して十分な耐震性を持てなくなれば、快適な生活も安全な毎日も失われてしまいます。結果として不動産としての資産価値も低下してしまうでしょう。

塗装は塗膜を生成して外壁を自然界の劣化要因から保護する役目を果たします。ですから塗装自体が一定以上劣化したら、塗替えを推奨されるというわけです。塗装にはお金がかかりますが、放置して外壁がいたんでしまったらその修理にはもっと高額の費用が必要になりますし、それこそ直さない限り家で暮らすことすらできません。

色々と面倒でお金も掛かる外壁塗装ですが、やらずに放置するのはもっと面倒で金食い虫になる可能性があるということですね。適切なタイミングで、リーズナブルなコストで塗り替えをしていくことをオススメします。