外壁塗装をケチると起こる恐ろしいこととは?

外壁塗装は外壁を保護するために行うものです。大体10年毎に塗り替えるのが良いとされますが、それは塗装による保護力が低下して、外壁や躯体が劣化してしまうのを避けるためです。

ですから、塗替えを先送りしてしまうと場合のよっては思いもよらなかったような事態になることも無きにしもあらずです。実際、外壁塗装費用をケチって先送りするとどういうことが起こるのか、例を上げてみたいと思います。

塗装にヒビが入って、補修しないまま放置すると、じわじわとヒビが大きくなります。大きくなった亀裂から、外壁の内部に水が浸入するようになり、防水シートにまで達します。防水シートまで達した水はそこで堰き止められますが、防水シートにできることは、家の中に水が侵入しないようにブロックすることだけです。壁の内側まで侵入した水分はそこでブロックはされますが、壁の中で滞留します。

水分が木材やコンクリの内部に溜まったらどんどん劣化が進みます。木材、鉄骨、コンクリが劣化し、いずれは外壁としての機能を失ってしまうことなります。これでもすでに大問題ですが、これも放置すると今度は家の土台や基礎までが劣化を始めます。そうなると住宅の安全性が保てず、いずれは居住することすらできなくなってしまいます。

そこまで行けば、もう住宅を建て替えするしかなくなってしまいます。そこまで行かなかったとしても、外壁そのものの補修やシロアリ被害への対処、基礎補修など面倒で多額の費用が掛かる工事をしなければならなくなります。

住宅はメンテナンス次第で長持ちもすれば、早々に劣化もします。人間も日頃からメンテナンスをしなければ、シミだらけでシワだらけの肌になってしまうでしょう。住宅だって同じです。

長持ちさせたければ、維持にしっかりと力を入れるようにしましょう。