外壁塗装の値段の仕組み

外壁塗装の値段はわかりにくいという話をよく耳にします。建築関連の用語が出てきますので、どうしても業界に馴染みのない一般消費者にはわかりにくい面があるのは事実です。

ということで、今回は外壁塗装の料金がどのように構成されているのかを簡単に説明してみようと思います。

まず外壁塗装の費用の構成ですが、基本的には以下のものから成り立っています。

  1. 塗料の費用
  2. 足場代
  3. 職人の工賃
  4. 業者の利益

1.塗料の費用

塗料の費用は、塗装に使う塗料を塗装業者が仕入れるコストです。塗装が長持ちするグレードの高い塗料ほど値段は高くなります。塗料は自分で選べるので、この部分に不透明感は通常ないと思います。予算にあった塗料を選べば不満が残ることはないでしょう。

2.足場代

塗装をする際に住宅のまわりに足場を組む費用のことです。ごく一部分であれば脚立による作業をありえますが、家全体の外壁を塗装するのであれば必須です。同じ範囲を塗装するのであれば、足場の費用はほぼおなじハズなので、業者によって違いがあれば確認したいポイントです。

3.工賃

ここが一番わかりにくところです。業者によって提案してくる作業工程に違いがあることもあってなかなか比較がしずらい部分です。

工賃で確認したいのは、工期と工数です。職人の工賃は、その職人の単価(一日いくら)と作業日数(塗装作業にかかる日数)の掛け算で決まります。工賃が高いとすれば、単価が高い(≒職人のスキルが高い)が、作業日数が長いかのどちらかです。高いなぁと思う業者がいたらこの辺を確認してみると交渉もしやすくなります。なぜ他よりも単価が高いのか?なぜ他よりも作業日数を多いのか?などですね。

4.利益

利益は業者の利益の分です。業者も利益が出ない商売はできないので、これは仕方がありませんが、業者が多重構造になっているとこの利益が大きくなります。例えば、大手住宅メーカーが工務店に下請けに出して、さらに塗装業者に孫請けに出すようなケースです。費用の中に、住宅メーカーの利益、工務店の利益、塗装業者の利益が含まれるので、どうしても割高になります。

大手ブランドに依頼をしても実際の塗装作業は地元の小さな塗装業者です。大手に頼んでも、大手の立派な(に見える)人たちが作業をするわけではないので、ブランド志向が強いのも考えものです。

塗装業者選びの参考になれば幸いです。